【地方競馬】船橋出走の浦和所属馬から禁止薬物陽性馬が発生

本日ピックアップする地方競馬ニュースは地方競馬では度々発覚する禁止薬物について。船橋に出走した浦和競馬所属の馬から禁止薬物の陽性反応が出たという事だ。陽性反応が出た馬は10月2日に船橋競馬場で開催されたトーシンブリザード・メモリアルで1着となっていた小久保智厩舎所属の2歳牝馬のトーセンガーネットだと言う。

 千葉県競馬組合は、10月2日の船橋8Rに出走した浦和所属のトーセンガーネット(牝2、小久保智厩舎)から、禁止薬物であるプロカインが検出されたことを発表した。

小久保智厩舎に在厩している馬については、禁止薬物の陰性が確認できるまで公正保持のため船橋競馬に出走することはできない。

(千葉県競馬組合のコメント)
「昨年、船橋競馬所属馬が禁止薬物陽性となった事例があり、二度とこのようなことが起きないよう競馬場関係者一丸となって対策を講じて参りました。しかしながら船橋競馬開催中に禁止薬物陽性馬が発生してしまったことは誠に遺憾であり、お客様並びに関係者の皆様にご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。今後、埼玉県浦和競馬組合をはじめ関係当局と連携し、発生原因を調査するとともに、 再発防止に向けて万全を尽くし、競馬の公正確保に努めてまいります」

記事によると検出された禁止薬物はプロカインという局部麻酔薬。コカインの代用として使われる事もあるという薬で、動物だけではなく人の局部麻酔用としても使われている劇薬だ。そのプロカインが検出されたという事で、当然ながら小久保智厩舎に在厩している全ての馬は検査で陰性とならないと船橋競馬には出走不可となる。禁止薬物については地方競馬ではたびたび見られるが、再発防止に努めてもなかなかイタチごっこ、という印象だ。公正さを保つ為にもドーピングに対しては徹底した対処をお願いしたい所だ。

引用元:http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=144561

[PR]
大川慶次郎の地方競馬

今月のイチオシ競馬予想サイト

今月のイチオシサイトは「血統ウィナーズ」!
今回イチオシとしては当然、「無料で万馬券が的中したから」です!

その万馬券的中時の的中無料予想を紹介します!

こちらは8月11日分の予想となります。買い目は小倉4R。3連複の軸一頭流しで15点勝負でした。指定金額は特になかったので、1点1,000円の計15,000円としました。

血統ウィナーズ買い目

この15点の買い目の中から3連複4-7-15が的中となりました。

詳しくは外部サイトを参照して下さい。

3連複4-7-15が的中し、その払戻しはなんと63,370円。1点1,000円投資したのでその配当は50万円突破となる633,700円。総投資が15,000円という事でその差引利益は618,700円となりました。

無料予想で万馬券、それも6万馬券オーバーという事でこれだけの結果が出ました。無料情報だと考えるとたとえ1点100円投資でも十分な程です。キリの良い所で計30,000円の投資、1点2,000円だった場合は帯封達成という程のレベルです。

これからも血統ウィナーズの予想からは、目が離せないでしょう。

血統ウィナーズで無料予想をゲット!


地方競馬ランキング




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。