【大井・京浜盃】クラシック戦線を占う重要レース/レースの見どころ(地方競馬)

(c)netkeiba.com

ヒカリオーソ (c)netkeiba.com

本日ピックアップする地方競馬ニュースは3/20(水)に大井競馬場で行われる京浜盃より。

南関クラシック戦線を占う上で重要な一戦と言われているこのレース、記事に取り上げられているのはこのレースの注目馬たち。

注目馬の筆頭として挙げられているのは南関生え抜きとして好成績を残している川崎のヒカリオーソだ。

■3/20(水) 京浜盃(3歳・SII・大井ダ1700m)

ヒカリオーソ(牡3、川崎・岩本洋厩舎)は前走の雲取賞を逃げ切って優勝。これまで3勝を挙げているが、いずれも逃げ切り勝ちだ。

南関東の生え抜きとしては同世代で最上位の戦績を残しており、絶好の最内枠を引いたここもレースの主導権を握っていけそう。最有力の一頭だ。

ウィンターフェル(牡3、船橋・川島正一厩舎)は前走の全日本2歳優駿で地方馬としては最先着の5着。また北海道2歳優駿でのハナ差の2着など、同世代では最上位の成績を残してきた。

船橋の川島厩舎に転入し約3ヵ月ぶりの実戦となるが、どのようなレースを見せてくれるか期待は大きい。

ジョーパイロライト(牡3、浦和・小久保智厩舎)は転入後2連勝中。前走の春一番特別は外枠ながら強気の競馬をして、着差以上の強い内容で勝利した。

これまで1000m~1700mの距離を走っているが馬券圏内を外したことはなく高いレベルで安定している。初めての大井コースとなるが怖い存在だ。

引用元:netkeiba.com

ヒカリオーソは昨年末の全日本2歳優駿では7着に敗れたものの、前走の雲取賞では4番人気からの優勝となった。典型的な逃げ馬であるヒカリオーソは1枠1番での出走という事で、期待は大きい。

船橋のウィンターフェルも北海道で好成績を残してきており、こちらも期待が持てる一頭だ。元々北海道でライバル関係だったイグナシオドーロも同じく移籍しており、ここで再び対決か、と思われていたがイグナシオドーロは今回出走はなし。

浦和のジョーパイロライトも北海道からの移籍組。記事の通りデビューからここまでオール3連対とこちらもかなりの好成績だ。

記事では他にもシビックヴァーゴやホールドユアハンド、カジノフォンテン等が紹介されている。

京浜盃は3/20(水)、16時10分からの発走となる。

引用元:https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=152349

[PR]
万馬券ホース

今月のイチオシ競馬予想サイト

今月のイチオシサイトは「血統ウィナーズ」!
今回イチオシとしては当然、「無料で万馬券が的中したから」です!

その万馬券的中時の的中無料予想を紹介します!

こちらは8月11日分の予想となります。買い目は小倉4R。3連複の軸一頭流しで15点勝負でした。指定金額は特になかったので、1点1,000円の計15,000円としました。

血統ウィナーズ買い目

この15点の買い目の中から3連複4-7-15が的中となりました。

詳しくは外部サイトを参照して下さい。

3連複4-7-15が的中し、その払戻しはなんと63,370円。1点1,000円投資したのでその配当は50万円突破となる633,700円。総投資が15,000円という事でその差引利益は618,700円となりました。

無料予想で万馬券、それも6万馬券オーバーという事でこれだけの結果が出ました。無料情報だと考えるとたとえ1点100円投資でも十分な程です。キリの良い所で計30,000円の投資、1点2,000円だった場合は帯封達成という程のレベルです。

これからも血統ウィナーズの予想からは、目が離せないでしょう。

血統ウィナーズで無料予想をゲット!


地方競馬ランキング




line@

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。