【大井・東京盃】船橋のキタサンミカヅキが接戦を制し連覇達成!/地方競馬レース結果

(c)netkeiba.com

(c)netkeiba.com

本日ピックアップする地方競馬ニュースは昨日大井競馬場で開催されたJpnII東京盃より。記事に取り上げられているのはもちろんJRA所属馬ネロを差して優勝したキタサンミカヅキだ。馬名からピンと来た方も多いだろうが馬主は大野商事、つまりキタサンブラックと同じく歌手の北島三郎の事務所だ。

 10日、大井競馬場で行われた第52回東京盃(JpnII・3歳上・ダ1200m・1着賞金3500万円)は、先団の後ろでレースを進めた森泰斗騎手騎乗の2番人気キタサンミカヅキ(牡8、船橋・佐藤賢二厩舎)が、直線で内から脚を伸ばして、2番手追走から一旦は先頭に立った6番人気ネロ(牡7、栗東・森秀行厩舎)をわずかに差し切り優勝した。勝ちタイムは1分12秒1(良)。

ネロはアタマ差で2着。さらに1.1/4馬身差の3着に4番人気グレイスフルリープ(牡8、栗東・橋口慎介厩舎)が入った。なお、1番人気マテラスカイ(牡4、栗東・森秀行厩舎)は4着、3番人気サクセスエナジー(牡4、栗東・北出成人厩舎)は7着に終わった。

勝ったキタサンミカヅキは、父キングヘイロー、母キタサンジュエリー、その父サクラバクシンオーという血統。昨年に続く東京盃の連覇を達成した。

人気を集めたマテラスカイは4着に終わり、キタサンミカヅキが昨年に続き連覇となった。キタサンミカヅキはこれで3連勝。3連対に限ればこれで8戦連続の3連対という事で、古馬となった今になって更に実力が上がっている。中央でも度々活躍してきた同馬だが、近年での中央挑戦ではあまり良い成績を収められなかったが、地方に絞ってからはその存在感を増しており、スプリントダート戦に出走した場合はこれからも買いの1頭と言えるだろう。

引用元:http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=144272

[PR]
大川慶次郎の地方競馬

今月のイチオシ競馬予想サイト

今月のイチオシサイトは「血統ウィナーズ」!
今回イチオシとしては当然、「無料で万馬券が的中したから」です!

その万馬券的中時の的中無料予想を紹介します!

こちらは8月11日分の予想となります。買い目は小倉4R。3連複の軸一頭流しで15点勝負でした。指定金額は特になかったので、1点1,000円の計15,000円としました。

血統ウィナーズ買い目

この15点の買い目の中から3連複4-7-15が的中となりました。

詳しくは外部サイトを参照して下さい。

3連複4-7-15が的中し、その払戻しはなんと63,370円。1点1,000円投資したのでその配当は50万円突破となる633,700円。総投資が15,000円という事でその差引利益は618,700円となりました。

無料予想で万馬券、それも6万馬券オーバーという事でこれだけの結果が出ました。無料情報だと考えるとたとえ1点100円投資でも十分な程です。キリの良い所で計30,000円の投資、1点2,000円だった場合は帯封達成という程のレベルです。

これからも血統ウィナーズの予想からは、目が離せないでしょう。

血統ウィナーズで無料予想をゲット!


地方競馬ランキング




シェアする

フォローする