【大井・マイルグランプリ】リッカルドを筆頭に好メンバーが揃う/レースの見どころ(地方競馬)

(c)netkeiba.com

(c)netkeiba.com

本日ピックアップする地方競馬ニュースは、明日10/31(水)に大井競馬場で開催されるマイルグランプリより。記事に取り上げられているのは今回のレースの注目株であるリッカルドを中心に南関東勢の馬の展望、紹介となる。引用部分が長くなりすぎるため一部を抜粋して紹介する。

 31(水)に大井競馬場で行われるマイルグランプリ。転入後も一線級と互角の戦いを続けて来たリッカルドを筆頭として、フルゲート16頭に楽しみなメンバーが揃っている。主な出走馬は以下の通り。

■10/31(水) マイルグランプリ(3歳上・SII・大井ダ1600m)

リッカルド(セ7、船橋・佐藤裕太厩舎)は今年の帝王賞で中央の一線級相手に互角の勝負をし4着。前走のエルムSは6着に敗れたが、転入後4連勝しているように南関東では最上位の実力を持っている。2ヶ月半ぶりの実戦で初の大井マイルとなるが、最有力であることは間違いない。

ヒガシウィルウィン(牡4、船橋・佐藤賢二厩舎)は今年のサンタアニタトロフィーで59kgを背負いながらも完勝。昨年のJDD以来となる久々の勝利を挙げた。今年の帝王賞・日本テレビ盃で5着に入るなど高いレベルで安定していて、ここでも注目の一頭だ。

クリスタルシルバー(牡3、大井・村上頼章厩舎)は今年の東京ダービーでタイム差なしの2着、JDDで中央馬相手に4着とクラシック戦線を賑わせてきた。今回は初めての古馬一線級相手で試金石となる一戦だが、どのような走りを見せてくれるか期待は大きい。

まずは記事のタイトルでも紹介されている船橋所属のリッカルド。記事の通り今年の帝王賞でメイン級の中央馬相手に4着と確かな実力を見せた馬だ。元々JRA所属の馬だったが今年の初めから船橋へ転入。その直後に4連勝している。2016年のエルムステークスを制している事もあり、元々中央のダート戦でもしっかり結果を残している馬だ。

続いて紹介されているヒガシウィルウィンも近走での好走が買われ高評価のようだ。クリスタルシルバーもジャパンダートダービーでルヴァンスレーヴ、オメガパフューム、グレートタイムという中央の強豪に食い下がり4着とこちらも中央の一線級に見劣らない強さの一頭となる。

今回のマイルグランプリではまず間違いなくこの3頭が主役となるレースになるだろう。発走は夜20時10分となっている。

引用元:http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=145458

[PR]
大川慶次郎の地方競馬

今月のイチオシ競馬予想サイト

今月のイチオシサイトは「血統ウィナーズ」!
今回イチオシとしては当然、「無料で万馬券が的中したから」です!

その万馬券的中時の的中無料予想を紹介します!

こちらは8月11日分の予想となります。買い目は小倉4R。3連複の軸一頭流しで15点勝負でした。指定金額は特になかったので、1点1,000円の計15,000円としました。

血統ウィナーズ買い目

この15点の買い目の中から3連複4-7-15が的中となりました。

詳しくは外部サイトを参照して下さい。

3連複4-7-15が的中し、その払戻しはなんと63,370円。1点1,000円投資したのでその配当は50万円突破となる633,700円。総投資が15,000円という事でその差引利益は618,700円となりました。

無料予想で万馬券、それも6万馬券オーバーという事でこれだけの結果が出ました。無料情報だと考えるとたとえ1点100円投資でも十分な程です。キリの良い所で計30,000円の投資、1点2,000円だった場合は帯封達成という程のレベルです。

これからも血統ウィナーズの予想からは、目が離せないでしょう。

血統ウィナーズで無料予想をゲット!


地方競馬ランキング




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。