【浦和・ニューイヤーC】地元のトーセンガーネットが早めに前を捕え重賞初V/地方競馬レース結果

トーセンガーネット

引用元:https://ameblo.jp/sadakurou/entry-12417580671.html

本日ピックアップする地方競馬ニュースは浦和競馬場で今日行われたニューイヤーカップより。記事に取り上げられているのはこのレースで勝利した地元浦和所属のトーセンガーネットだ。せっかくの勝利記事にいきなりこんな話をするのも気が引けるが、トーセンガーネットといえば昨年10月に禁止薬物であるプロカインの陽性反応が出た馬だ。そのためやや素直に見られない部分もあるが…どの道、馬にも騎手にも罪は無い。陣営がまた愚行を犯していない事を祈るばかりだ。

 9日、浦和競馬場で行われた第62回ニューイヤーC(3歳・ダ1600m・1着賞金1200万円)は、縦長の隊列の中団から進めた五十嵐冬樹騎手騎乗の3番人気トーセンガーネット(牝3、浦和・小久保智厩舎)が、早めに前を捕え抜け出し、最後は2着の1番人気ヒカリオーソ(牡3、川崎・岩本洋厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分41秒9(良)。

さらにクビ差の3着に7番人気マイコート(牡3、船橋・佐藤賢二厩舎)が入った。なお、2番人気トーセンボルガ(牡3、浦和・小久保智厩舎)は6着、4番人気レベルフォー(牡3、船橋・矢野義幸厩舎)は向正面で競走を中止した。

引用元:netkeiba.com

トーセンガーネットは3番人気を受け1番人気のヒカリオーソに1馬身半差で勝利、例の件での出走自粛の関係もあり今回のレースが今年初出走だったがここで勝利し重賞初制覇。3着には7番人気のマイコートが入線、2番人気でトーセンガーネットと同じ小久保厩舎のトーセンボルガは6着に終わった。気になるのは船橋のレベルフォー。レース中に気づけばいなくなっていた、という感じだったのだが記事によると向正面で競走を中止したとあるが、一体何が起こったのだろうか?特に詳しい情報を得る事は出来なったが、某掲示板はちょっと荒れ模様。流石に詳しい説明が欲しい所だ。ちょっと不思議なレースになってしまったが、これで更に禁止薬物でケチが付くような事には、ならないで欲しい。

引用元:https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=149610

[PR]
大川慶次郎の地方競馬

今月のイチオシ競馬予想サイト

今月のイチオシサイトは「血統ウィナーズ」!
今回イチオシとしては当然、「無料で万馬券が的中したから」です!

その万馬券的中時の的中無料予想を紹介します!

こちらは8月11日分の予想となります。買い目は小倉4R。3連複の軸一頭流しで15点勝負でした。指定金額は特になかったので、1点1,000円の計15,000円としました。

血統ウィナーズ買い目

この15点の買い目の中から3連複4-7-15が的中となりました。

詳しくは外部サイトを参照して下さい。

3連複4-7-15が的中し、その払戻しはなんと63,370円。1点1,000円投資したのでその配当は50万円突破となる633,700円。総投資が15,000円という事でその差引利益は618,700円となりました。

無料予想で万馬券、それも6万馬券オーバーという事でこれだけの結果が出ました。無料情報だと考えるとたとえ1点100円投資でも十分な程です。キリの良い所で計30,000円の投資、1点2,000円だった場合は帯封達成という程のレベルです。

これからも血統ウィナーズの予想からは、目が離せないでしょう。

血統ウィナーズで無料予想をゲット!


地方競馬ランキング




line@

シェアする

フォローする