【大井・金盃】GI馬サウンドトゥルーが登場/レースの見どころ(地方競馬)

(c)netkeiba.com

(c)netkeiba.com

 6(水)に大井競馬場で行われる金盃。コーナーを6回通るタフなレースで、展開や位置取りも勝敗を左右するカギとなる。今年はサウンドトゥルーを筆頭に、南関東のスタミナ自慢がフルゲートに揃った。主な出走馬は以下の通り。

■2/6(水) 金盃(4歳上・SII・大井ダ2600m)

サウンドトゥルー(セン9、船橋・佐藤裕太厩舎)は地方転入初戦となった前走の東京大賞典で4着。今年で9歳となるが、中央の一線級とも互角に戦える能力はまだまだ衰えを感じさせない。ここでは一頭だけ格が違う印象で、初の2600mと言えども恥ずかしい競馬は見せられないだろう。

ガヤルド(牡8、川崎・林隆之厩舎)は前走の金盃トライアル競走を優勝。中央時代には中山のダート2400mでも勝ち鞍があるように、タフな長距離戦でスタミナを活かす走りが得意だ。斤量52kgで出走できるのも魅力で、格上挑戦のここでも侮れない存在だ。

引用元:netkeiba.com

他にも紹介されている馬は居るのだが、今回は2頭に絞って引用する。2600メートルの距離ながら記事の通りコーナーを6回も通過する必要がありスタミナが必要となる重賞。

やはりこのメンバーでは真っ先に紹介されるのは船橋のサウンドトゥルーという事になるだろう。今年に入り9歳となったが、前走の東京大賞典で4着と好走、その前のJBCクラシックでも5着とまだまだ元気と言えるだろう。記事の通りメンバーでは明らかに格上となるため、必勝とまでは行かなくとも無様な結果は許されないだろう。

続いて紹介されているのは前走の金盃トライアルで優勝したガヤルド。記事では中央時代にダート2400メートルでの勝ちがある、とはあるがそのレースもう3年近く前。その後のレースではあまり勝ち星は無かったが前走では見事な勝利を見せ勢いそのままに金盃へ。斤量の少なさはこのスタミナ勝負のレースでは有利に働くだろう。

他には10歳のユーロビートや11歳のキスミープリンスなど、年齢的にはかなり平均高めとなる今回の金盃。サウンドトゥルー大本命と言える中、好走を見せる馬はどの馬なのか、明日の本番が楽しみである。ちなみに、筆者としては名前だけ見れば4番のウマノジョーが好きである。馬に「馬の」って名前付けるのどうなのだろう。

引用元:https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=150581

[PR]
万馬券ホース

今月のイチオシ競馬予想サイト

今月のイチオシサイトは「血統ウィナーズ」!
今回イチオシとしては当然、「無料で万馬券が的中したから」です!

その万馬券的中時の的中無料予想を紹介します!

こちらは8月11日分の予想となります。買い目は小倉4R。3連複の軸一頭流しで15点勝負でした。指定金額は特になかったので、1点1,000円の計15,000円としました。

血統ウィナーズ買い目

この15点の買い目の中から3連複4-7-15が的中となりました。

詳しくは外部サイトを参照して下さい。

3連複4-7-15が的中し、その払戻しはなんと63,370円。1点1,000円投資したのでその配当は50万円突破となる633,700円。総投資が15,000円という事でその差引利益は618,700円となりました。

無料予想で万馬券、それも6万馬券オーバーという事でこれだけの結果が出ました。無料情報だと考えるとたとえ1点100円投資でも十分な程です。キリの良い所で計30,000円の投資、1点2,000円だった場合は帯封達成という程のレベルです。

これからも血統ウィナーズの予想からは、目が離せないでしょう。

血統ウィナーズで無料予想をゲット!


地方競馬ランキング




line@

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。