【G3函館記念】ナイトオブナイツ 中1週も手応え「右回りなら」

Copyrights©DIGIMERCE inc. All Rights Reserved

今週末に開催される唯一の重賞レースであるG3函館記念についてのニュースを本日もピックアップする。今週はこの函館記念しか中央競馬の重賞レースは開催されないため、毎日1頭~2頭のニュースからその取り上げられている馬を分析し、週末のレース本番までに予想を組み立てていく。本日の記事の主役は予想オッズ7番人気ナイトオブナイツ(牡5/栗毛)。父ハービンジャー母父サンデーサイレンス。

現在までで25戦6勝と勝率としては高くないが、前走のOP戦巴賞で5番人気からの勝利。勝ち方も強い勝ち方をしていたが、問題は距離だろうか。現在までの25戦中で函館記念と同じ2000メートルを戦ったのは2回。今年1月の1600万下のレースでは4着と善戦したが5月の新潟大賞典では15着と大惨敗している(しかもその時の優勝馬は今回も出走するスズカデヴィアス)ため、大きな不安要素だろうか。負担重量も56キロと決して軽い訳ではなく、厳しい戦いが予想される。

 巴賞勝ちから中1週で重賞初タイトルに挑むのが、ナイトオブナイツだ。池添師は「左回りは下手だが、前走は右回りでうまく立ち回れていた。洋芝も合っている。この内容なら、2000メートルに延びても対応できそうだ」と手応えをつかんでいる。また「旋回癖(馬房の中をぐるぐる回る癖)がある馬だが、滞在競馬なら大丈夫」と語っていた。

記事によると池添調教師としては距離は問題無いと見ているようだ。洋芝への適応については札幌、函館のレースでは4戦3勝で4着1回と相性はバツグンと言っても問題は無いだろう。左回りは下手、と断言されているように確かに左回りだった新潟大賞典では惨敗。

この惨敗が距離によるものか不得意な左回りによるものかは前走の映像を観てもなかなか判断が付かない。そもそもスタート直後から遅れ気味だったため単純にスタートの問題だった事も考えられるが…

中1週での出走はナイトオブナイツにはよくあるパターンではあるが、特にそれにより順位を大きく落とした事は無いため、前走1着での中1週開けでの出走は悪く無い使い方だろう。筆者としては軸にする事はまあ無いだろうが、相手として1点くらい加える分には悪くない馬と言えるだろう。

引用元:https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/07/10/kiji/20180709s00004048461000c.html

[PR]

今月のイチオシ競馬予想サイト

今月のイチオシサイトは「血統ウィナーズ」!
今回イチオシとしては当然、「無料で万馬券が的中したから」です!

その万馬券的中時の的中無料予想を紹介します!

こちらは8月11日分の予想となります。買い目は小倉4R。3連複の軸一頭流しで15点勝負でした。指定金額は特になかったので、1点1,000円の計15,000円としました。

血統ウィナーズ買い目

この15点の買い目の中から3連複4-7-15が的中となりました。

詳しくは外部サイトを参照して下さい。

3連複4-7-15が的中し、その払戻しはなんと63,370円。1点1,000円投資したのでその配当は50万円突破となる633,700円。総投資が15,000円という事でその差引利益は618,700円となりました。

無料予想で万馬券、それも6万馬券オーバーという事でこれだけの結果が出ました。無料情報だと考えるとたとえ1点100円投資でも十分な程です。キリの良い所で計30,000円の投資、1点2,000円だった場合は帯封達成という程のレベルです。

これからも血統ウィナーズの予想からは、目が離せないでしょう。

血統ウィナーズで無料予想をゲット!


地方競馬ランキング




line@

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。