週末重賞予想コラム【G1 天皇賞・春】ユーキャンスマイル2馬身先着

(c) 2019 The Sankei Shimbun. & SANKEI DIGITAL INC.

(c) 2019 The Sankei Shimbun. & SANKEI DIGITAL INC.

本日ピックアップするニュースは引き続きG1天皇賞・春より。記事に取り上げられているのは昨年の菊花賞3着、前走のダイヤモンドSで勝利しているユーキャンスマイル(牡4/鹿毛)だ。

目立った戦績は無いものの着実に実力を上げ続けており、菊花賞での10番人気からの3着入賞で名を上げ、前走のダイヤモンドSでついに重賞初制覇を果たした。

戦績を見てもどうも長距離が適正距離のようで、今回の天皇賞はピッタリの距離と言えるかもしれない。京都の長距離では菊花賞で3着、OP戦で2着と場所も問題無いだろう。

 昨秋の菊花賞で3着。前走・ダイヤモンドSで重賞初Vをあげたユーキャンスマイルは、栗東坂路でアドマイヤユラナスを楽な手応えで追走した。ラスト1Fは12秒6の伸びで、余力たっぷりに2馬身先着。先週負荷をかけ、直前で息を整えて態勢はバッチリだ。

騎乗した荻野琢騎手(レースは岩田騎手)も好仕上がり、抜群の操作性に声を弾ませた。「反応良く、すごく乗りやすかった。岩田さんが乗った1週前以外はずっと乗っているけど、今回は帰厩したときから全然違った。モタれず、ポンポンと手前を替えることもない。距離も問題ない」と不安なく大一番へ臨む。

サンケイスポーツ

栗東坂路で追い切りを行ったユーキャンスマイルは僚馬相手に楽な手応えで追走、余力を残しての2馬身先着だったようだ。先週しっかりと追われた為今回は軽めだったようだ。

騎乗した荻野騎手によるとその仕上がりはかなり良いと見たようで、反応も良く、乗りやすかったとの事。帰厩した時から以前との違いは明らかだったようで、太鼓判を押したようだ。

平成最後のG1天皇賞・春はG1ホースが1頭だけ、という事でここで勝利し一気に長距離戦の主役となれるのか、注目したい1頭だ。予想印を付けるなら〇、▲あたりか。

引用元:https://race.sanspo.com/keiba/news/20190424/ope19042410580010-n1.html

今月のイチオシ競馬予想サイト

今月のイチオシサイトは「血統ウィナーズ」!
今回イチオシとしては当然、「無料で万馬券が的中したから」です!

その万馬券的中時の的中無料予想を紹介します!

こちらは8月11日分の予想となります。買い目は小倉4R。3連複の軸一頭流しで15点勝負でした。指定金額は特になかったので、1点1,000円の計15,000円としました。

血統ウィナーズ買い目

この15点の買い目の中から3連複4-7-15が的中となりました。

詳しくは外部サイトを参照して下さい。

3連複4-7-15が的中し、その払戻しはなんと63,370円。1点1,000円投資したのでその配当は50万円突破となる633,700円。総投資が15,000円という事でその差引利益は618,700円となりました。

無料予想で万馬券、それも6万馬券オーバーという事でこれだけの結果が出ました。無料情報だと考えるとたとえ1点100円投資でも十分な程です。キリの良い所で計30,000円の投資、1点2,000円だった場合は帯封達成という程のレベルです。

これからも血統ウィナーズの予想からは、目が離せないでしょう。

血統ウィナーズで無料予想をゲット!


地方競馬ランキング




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。