【大井・東京シンデレラマイル】ラーゴブルーなど南関牝馬の好メンバーが揃う/レースの見どころ(地方競馬)

(c)netkeiba.com

(c)netkeiba.com

本日ピックアップする地方競馬ニュースは12/30(日)に大井競馬場で開催となる牝馬戦、東京シンデレラマイルより。大井競馬場の年末恒例3日連続重賞の2日目に当たるレースだ。記事に取り上げられているのはこのレースで注目度ナンバーワンの川崎所属馬ラーゴブルーを筆頭とした7頭。その中から一部を抜粋して引用し、紹介していこう。

■12/30(日) 東京シンデレラマイル(3歳以上・牝・SIII・大井ダ1600m)

ラーゴブルー(牝4、川崎・内田勝義厩舎)は前走のシンデレラマイルトライアルを斤量58kgを背負いながら完勝。先行力を生かした競馬が魅力で、南関東に転入してからはゲートで躓いて後手に回ってしまったスパーキングレディーCを除き連対を外していない。ここでも最有力の一頭だろう。

コパノビジン(牝5、大井・荒山勝徳厩舎)は前走のターコイズ賞を優勝するなど、大井マイルはこれまで2戦2勝と好相性。今回は初の重賞挑戦で試金石となる一戦だが、元々中央でも2勝するだけの能力はある馬。侮れない存在だ。

ニシノラピート(牝7、大井・市村誠厩舎)は昨年の同レース覇者。7歳になった今年も9月のマイルグランプリトライアルを好タイムで優勝するなど、能力の衰えは感じさせない。逃げてマイペースで運べるかがカギだが、鉄人・的場文男を背に今年も優勝を狙う。

引用元:netkeiba.com

まずは前走のシンデレラマイルトライアルで完勝したラーゴブルーからだ。記事の通り斤量58キロを背負っての勝利は驚異的だった。ゲートで躓いた時以外は南関東でオール連対という事もありあまり馬券から外す理由は無いだろう。デビューした中央ではなかなか結果が出ず未勝利戦を5連敗で見限られてしまったようだが、ダートレースで走っていれば中央でも活躍の可能性はあったかもしれない。

続いては大井所属のコパノビジン。中央での2勝はまあ置いておくとしても、中央時代から3連対に入る確率はなかなか高く、惨敗はしにくいといった印象のダート馬だった。大井転入後は1着、3着、1着と好調。マイル距離も適正だろう。

最後はニシノラピート。こちらも大井所属。昨年のシンデレラマイルの優勝馬で7歳という年齢ながらも好走は多め。勝ちまで行けるかどうかは怪しい所だが、馬券に絡む可能性は高そうなので入れておく方が無難だろうか。

以上3頭を紹介したが、ロジーナ記念を制した船橋所属のクロスウィンドも要注意だ。

引用元:https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=149159

[PR]
RUSH

今月のイチオシ競馬予想サイト

今月のイチオシサイトは「血統ウィナーズ」!
今回イチオシとしては当然、「無料で万馬券が的中したから」です!

その万馬券的中時の的中無料予想を紹介します!

こちらは8月11日分の予想となります。買い目は小倉4R。3連複の軸一頭流しで15点勝負でした。指定金額は特になかったので、1点1,000円の計15,000円としました。

血統ウィナーズ買い目

この15点の買い目の中から3連複4-7-15が的中となりました。

詳しくは外部サイトを参照して下さい。

3連複4-7-15が的中し、その払戻しはなんと63,370円。1点1,000円投資したのでその配当は50万円突破となる633,700円。総投資が15,000円という事でその差引利益は618,700円となりました。

無料予想で万馬券、それも6万馬券オーバーという事でこれだけの結果が出ました。無料情報だと考えるとたとえ1点100円投資でも十分な程です。キリの良い所で計30,000円の投資、1点2,000円だった場合は帯封達成という程のレベルです。

これからも血統ウィナーズの予想からは、目が離せないでしょう。

血統ウィナーズで無料予想をゲット!


地方競馬ランキング




line@

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。