週末重賞予想コラム【G1エリザベス女王杯】ルメールと頂点狙う3歳ノームコア、仕上がりに自信

© The Hochi Shimbun.

© The Hochi Shimbun.

本日ピックアップするニュースは引き続きG1エリザベス女王杯より。記事に取り上げられているのは今回がG1初挑戦となるハービンジャー産駒のノームコア(牝3/芦毛)だ。前走で勝利した紫苑Sと同じく4週連続G1勝利中というルメール騎手を鞍上に、G1初挑戦で初勝利を狙う。デビューから5戦、1度も3連対を外していないこれからに期待出来る才能を持った1頭だ。

 ◆エリザベス女王杯(7日・美浦トレセン)

 力強いフットワークで駆け抜けた。ノームコアは美浦・Wコースを単走馬なりで4ハロン53秒1―12秒9。最終追い切りの意図について、萩原調教師は「前回と変わらない状態で出られるかどうか。仕上がりはいい感じだと思います」と説明した。

 前走の紫苑Sはレースレコードで3馬身差の快勝。萩原師は「いい意味で春とのギャップが大きかった。しっかりしてきたのが、ああいう結果になったのかなと思う」と振り返った。フラワーC、フローラSで連続3着後、G1には向かわず早めに夏休みに入ったことで、確かな成長曲線を描いた。

 初の関西遠征、初の古馬との戦いと条件は楽ではないが「未知数な部分も多いが、前走は評価していい競馬かなと思っている」と萩原師。まだ底をみせていない3歳馬が女王の座を狙う。

ウッドコースを単走で最終追い切りを行ったノームコア。狙いとしては前走と同じ状態なのかの確認の意味合いがあるようで、仕上がりは良さそう。前走でのレコード勝ちも素晴らしかったが、やはり春と比べるとまるで別な馬かのような進化を見せた。これには萩原氏もルメール騎手も太鼓判だ。記事の通り条件は厳しいものの、まだその才能の全てを開花させていない節もあるようで、ましてや自信の記録更新となるG1レース5連勝がかかったルメール騎手が鞍上。初のG1での好走への期待は十分だ。予想印を付けるならば▲~△辺りになると思うが、ルメール騎手の連勝の可能性を考えるともっと上でも良いかもしれない。

引用元:https://www.hochi.co.jp/horserace/20181107-OHT1T50133.html

[PR]
うまサプリ

今月のイチオシ競馬予想サイト

今月のイチオシサイトは「血統ウィナーズ」!
今回イチオシとしては当然、「無料で万馬券が的中したから」です!

その万馬券的中時の的中無料予想を紹介します!

こちらは8月11日分の予想となります。買い目は小倉4R。3連複の軸一頭流しで15点勝負でした。指定金額は特になかったので、1点1,000円の計15,000円としました。

血統ウィナーズ買い目

この15点の買い目の中から3連複4-7-15が的中となりました。

詳しくは外部サイトを参照して下さい。

3連複4-7-15が的中し、その払戻しはなんと63,370円。1点1,000円投資したのでその配当は50万円突破となる633,700円。総投資が15,000円という事でその差引利益は618,700円となりました。

無料予想で万馬券、それも6万馬券オーバーという事でこれだけの結果が出ました。無料情報だと考えるとたとえ1点100円投資でも十分な程です。キリの良い所で計30,000円の投資、1点2,000円だった場合は帯封達成という程のレベルです。

これからも血統ウィナーズの予想からは、目が離せないでしょう。

血統ウィナーズで無料予想をゲット!


地方競馬ランキング




line@

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。