週末重賞予想コラム【G2 アメリカJCC】今年も強い!明け4歳世代フィエールマン19年V始動だ

© The Hochi Shimbun.

© The Hochi Shimbun.

本日ピックアップするニュースは昨日に引き続き日曜に開催となるG2アメリカジョッキークラブカップより。まずはこの馬を取り上げない訳には行かないだろう。記事に取り上げられているのは昨年の菊花賞馬、フィエールマン(牡4/鹿毛)だ。年が明けて4歳となったフィエールマン、この年齢はディープインパクト産駒にとっては岐路ともいえる年齢のため、ここはきっちりと勝利してポテンシャルの高さとこれからの成長の伸びしろの多さを証明したい所だろう。

 ◆第60回アメリカJCC・G2(1月20日、中山競馬場・芝2200メートル)

第60回アメリカJCC・G2が20日、中山競馬場で行われる。昨年の菊花賞馬フィエールマンが始動戦を迎える。今年も結果を出している明け4歳を迎えた“黄金世代”の1頭で、4戦3勝、2着1回とパーフェクト連対を誇る。久々を苦にしないタイプだけに、名手ルメールを背に、メンバー唯一のG1馬が存在感を見せつけそうだ。

9日の1週前追い切りは美浦・Wコースでの併せ馬。力強く地面を蹴り、5ハロン68秒2―12秒8をマーク。手塚調教師は「まだ菊花賞の頃と比べると、ってところがあるけど、動きは良かったですね」と納得した表情を見せた。手綱は再び名手に託す。昨年、G1・8勝を含む215勝を挙げ、年間最多勝利と最多獲得賞金の歴代記録を更新したルメールだ。17日の最終追い切りにまたがる予定となっている。

引用元:スポーツ報知

このアメリカJCCがフィエールマンにとって今年の始動戦となる。前走の菊花賞から間は空いているものの、久々を苦にしないタイプという事もありそこは評価を下げる要素にはならないだろう。鞍上はルメール騎手という事も加えて、圧倒的1番人気を得る事は想像に難くない。9日の1週前追い切りでは菊花賞の頃ほどの動きではないものの、ラジオNIKKEI賞の時くらいまでは来ているそうだ。

ルメール騎手は感触を確かめるために17日の最終追い切りからの騎乗となる。ドバイシーマクラシックへの登録も既に済ませているフィエールマン、名手を背にその足掛かりとすべくここは必勝の構えだ。予想印を付けるならばここは当然◎だろう。鞍上と合わせて軸にしたい1頭と言える。

引用元:https://www.hochi.co.jp/horserace/20190114-OHT1T50175.html

[PR]
うまサプリ

今月のイチオシ競馬予想サイト

今月のイチオシサイトは「血統ウィナーズ」!
今回イチオシとしては当然、「無料で万馬券が的中したから」です!

その万馬券的中時の的中無料予想を紹介します!

こちらは8月11日分の予想となります。買い目は小倉4R。3連複の軸一頭流しで15点勝負でした。指定金額は特になかったので、1点1,000円の計15,000円としました。

血統ウィナーズ買い目

この15点の買い目の中から3連複4-7-15が的中となりました。

詳しくは外部サイトを参照して下さい。

3連複4-7-15が的中し、その払戻しはなんと63,370円。1点1,000円投資したのでその配当は50万円突破となる633,700円。総投資が15,000円という事でその差引利益は618,700円となりました。

無料予想で万馬券、それも6万馬券オーバーという事でこれだけの結果が出ました。無料情報だと考えるとたとえ1点100円投資でも十分な程です。キリの良い所で計30,000円の投資、1点2,000円だった場合は帯封達成という程のレベルです。

これからも血統ウィナーズの予想からは、目が離せないでしょう。

血統ウィナーズで無料予想をゲット!


地方競馬ランキング




line@

シェアする

フォローする