週末重賞予想コラム【ホープフルS】アドマイヤジャスタ、記録かかるルメールの手綱さばきに注目

(c) 2012 The Sankei Shimbun.

(c) 2012 The Sankei Shimbun.

本日ピックアップするニュースは今年最後のG1レース、ホープフルSより。記事に取り上げられているのは今年大活躍のルメール騎手が駆る3戦2勝のアドマイヤジャスタ(牡2/鹿毛)だ。父ジャスタウェイ、母アドマイヤテレサという事で馬名はアドマイヤジャスタだ。半弟にはオーストラリアのG1コーフィールドカップで優勝したアドマイヤラクティがいる。新馬戦では同じくホープフルSに出走予定のブレイキングドーンに敗れたがその後は連勝している。

 12月28日に施行されるGIレースとして定着が図られているホープフルステークス(中山、芝2000メートル)が、今年も年度末のメインに行われる。

アドマイヤジャスタ(栗東・須貝尚介厩舎、牡)は豪GIコーフィールドCを制したアドマイヤラクティの半弟。新馬戦こそ後述するブレイキングドーンに敗れたが、未勝利-紫菊賞を力強く連勝した。武豊騎手が2005年にマークしたJRA年間最多勝記録の212勝まであと1勝と迫っているクリストフ・ルメール騎手が最終日にどんな手綱さばきを見せるか、大いに期待がかかる。

引用元:サンケイスポーツ

先日の追い切りでは栗東坂路で4ハロン52秒2-12秒3をマークしたというアドマイヤジャスタ。ゴール前の伸びも鋭く好気配だったようだ。野本厩務員によるとかなりの負荷をかけてもケロっとしていたとの事で心肺機能が高いのだろうと話しており、まだまだ成長途上とはいえその身体能力の片鱗は見せつつあるようだ。

血統の凄さで言えば昨日の記事で紹介したサートゥルナーリアに比べると派手さは無いが今回は鞍上がルメール騎手という事もあり「ルメールマジック」がさく裂する可能性もあるだろう。弱い馬には乗らないであろうルメール騎手が乗る以上、押さえておいて損は無い1頭と言える。予想印を付けるのなら〇~△のいずれかか。2歳戦はとにかく印付けが難しい。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00000574-sanspo-horse

[PR]
シャーロック

今月のイチオシ競馬予想サイト

今月のイチオシサイトは「血統ウィナーズ」!
今回イチオシとしては当然、「無料で万馬券が的中したから」です!

その万馬券的中時の的中無料予想を紹介します!

こちらは8月11日分の予想となります。買い目は小倉4R。3連複の軸一頭流しで15点勝負でした。指定金額は特になかったので、1点1,000円の計15,000円としました。

血統ウィナーズ買い目

この15点の買い目の中から3連複4-7-15が的中となりました。

詳しくは外部サイトを参照して下さい。

3連複4-7-15が的中し、その払戻しはなんと63,370円。1点1,000円投資したのでその配当は50万円突破となる633,700円。総投資が15,000円という事でその差引利益は618,700円となりました。

無料予想で万馬券、それも6万馬券オーバーという事でこれだけの結果が出ました。無料情報だと考えるとたとえ1点100円投資でも十分な程です。キリの良い所で計30,000円の投資、1点2,000円だった場合は帯封達成という程のレベルです。

これからも血統ウィナーズの予想からは、目が離せないでしょう。

血統ウィナーズで無料予想をゲット!


地方競馬ランキング




line@

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。